HOME | メソッド | アゲアゲ・カタカタ運動

アゲアゲ・カタカタ運動

肺から声帯に自然に息をおくることで、努力性呼吸ではなく自然な呼吸を促します。

アゲアゲカタカタ運動

アゲアゲ運動

 
1. 両手を肋骨の下のラインに水平に合わせて、手のひらがアゴに当たるくらいの高さまで 肩ごと上下させます。

2. 1の状態で、両手を上げるときに鼻から息を   吐き、下げる時に鼻から息を吸います(5回)。※できたらでOKです!
 
 
 
【ヒント】
アゲアゲの時、 左右の腕が綺麗に水平に上がったらOKです!

カタカタ運動

 
1 .肩を上げ下げして、「肩の力を抜く」動きをします。

2. 肩を上げる時に鼻から息を吐き、下げる時に鼻から息を吸います(5 回 )
※ 2はできたらでOK!
 
【ヒント】
はじめはゆっくりと。 焦らずに。 力が入らないように。
 

 
 
 
 
発声を行う上で重要だと多くの方が思っている「腹筋」を動かすと努力性呼吸になってしまい、自然な呼吸ができなくなってしまいます。
「アゲアゲ・カタカタ運動」を行うと、「腹筋」が動かなくなるので、横隔膜の動きがスムーズになり、肺も活性化、呼吸が安定し声も出やすくなります。